WORKS エクラタン ECLATANT shop


previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

ECLATANT(レストラン・店舗内装)

観光地のど真ん中、神戸北野のテナントビル2階にあるフレンチレストランの事例です。


●施主さんの要望・設計指針
施主さんはフランスで修行された経験をお持ちのシェフで、独立開業に向け新規オープンのお店を計画されていました。
要望を出すのは厨房内がシェフのご主人、それ以外の客席側は奥様とお母様、と担当を決めてのお打合せとなりました。奥様がお好きなインテリアのイメージ写真をたくさんお持ちいただいたので、その中からキーワードとして「紫とゴールド」という、色をコンセプトに設計を進めました。

●建物の解説
店舗面積は決して広くはなかったのですが、16席のフロアと6席の個室、厨房は希望の機器を全て備えました。必要な客席数や厨房機器を入れようとするとおのずと全てのレイアウトが決まってしまうような床面積でしたが、しかしその分、間取りで悩む必要がなく内装デザインや材料決めにたっぷり時間を使うことができました。
ソファーは座面や背もたれのバランスにこだわり家具屋さんの作ったサンプルに試し座りまでしていただきました。玄関ドアはお打合せを重ねてもなかなか決まらず悩みに悩んでデザインを決めました。施主さんには思い入れの強い仕上がりになったと思います。
キーワードの「紫とゴールド」以外の色はほぼ全て白で統一し、より紫とゴールドが放つ鮮やかさが際立つように意図しています。
その結果、神戸らしい上品さや華やかさを持ちつつも、現代的なすっきりとした内装となりました。施主さんの目指す「高級過ぎないフレンチレストラン」にピッタリな印象です。
厨房内も機器の配置を何度も検証し、コンパクトで使いやすい配置となりました。

●施主さんの感想
完成後にお店に伺いゆったりとした空間でおいしい料理をいただきました。その際、奥様に「昨日は通りがかりの親子のお客様がフラリと立ち寄り食事をして行かれました。気軽に入れるフレンチを目指していたので嬉しかったです。」と話して頂き、こちらも嬉しくなりました。

●概要
建物用途:フレンチレストラン店舗
建物概要:スケルトン空間からの内装工事 鉄骨造 2階建て
延べ床面積:69.40㎡(21坪)
座席数:22席
設計監理:一級建築士事務所わびすき&ユキ建築設計事務所 担当 齋藤由紀
施工:㈱ワイズシステム 担当 山口昌彦
設計期間:2か月
工事期間:1.5か月
※写真撮影:島田宏美

PAGE TOP